性病検査キットSTDチェッカーの正確性

性病検査キットSTDチェッカーの正確性

自宅で誰にもバレない匿名で性病検査ができる「性病検査キット STDチェッカー」

 

 

病院や保健所に行くよりか気軽に検査ができるけど・・・

 

「検査の正確性は、どうなの?」

「性病検査キットって精度や信頼性ってあるの?」

 

っと気になりますよね。

性病検査キットSTDチェッカーの検査においての正確性を、他の郵送検査会社との違いを発見したので紹介したいと思います。

 

性病検査キットSTDチェッカーの正確性:①HIV検査は郵送検査会社の中で最も新しい検査法

HIVに感染しているか調べる検査をHIVスクリーニング検査といいます。

HIVスクリーニング検査には、いろいろな検査法があり開発の段階ごとに世代別にあらわされます。

開発が進むにつれ、検出対象が増え、より精度の高い検査が可能になってきています。

HIV検査において、STDチェッカーのみが最も新しく精度の高い「第4世代検査法CLEIA法」なんです。

 

 

GME医学検査研究所、さくら検査研究所、ふじメディカル、STDチェッカーなど、たくさんの郵送検査キットがありますよね。

他の郵送検査会社のHPを見ると、GME医学検査研究所、さくら検査研究所は1つ前の「第3世代PA法」でした。

ふじメディカルにおいては、検査法が見つからなく不明でした。

 

第3世代検査法と第4世代検査法の違い

抗体・・・「体を守ってくれている防衛軍」外からきたウイルスや細菌と戦います。
抗原・・・「体に入ってこようとする敵」外からきたウイルスや細菌。

第3世代の検査は抗体のみを調べる検査でしたが、第4世代では抗原も検出対象となり、抗原は抗体より早く検出できるので、感染していた場合はより早くわかるメリットがあります。

 

日本エイズ学会・日本臨床検査医学会も推奨している「第4世代検査法」

HIVスクリーニング検査には原則として第4世代の検査法を使用することが、日本エイズ学会・日本臨床検査医学会による「診療におけるHIV-1/2感染症診断 ガイドライン 7)」において推奨されています。

 

性病検査キットSTDチェッカーの正確性:②厚生労働省の外部検査も100点満点

STDチェッカーの株式会社アルバコーポレーションは外部で行われる調査にも積極的に参加しています。

その中には、厚生労働省研究班で行われた「郵送検査の外部精度管理調査」もあります。

用意された血液のついたろ紙を検査し、100検体すべての判定結果が一致したパーフェクトな成績を残しています。

 

このことからSTDチェッカーの検査は、感度・特異度ともに100%の結果であり、正確性・信頼性・精度も高いと言えるでしょう。

 

性病検査キットSTDチェッカーの正確性まとめ

病院やクリニックなどの検査と同じ第4世代の検査を取り入れているSTDチェッカー。

郵送検査会社の中でSTDチェッカーのみが第4世代検査をしているため、1つ前の検査法の検査キットよりは、検査の正確性や精度は最も高いと言えるのではないでしょうか。

 

 

ただし購入を考えてるあなたにたった1つ注意点があります。

 

それは、HIV検査を受ける時期です。

 

HIVスクリーニング検査は、感染の可能性があった日からすぐにできる検査ではありません。

なぜなら、HIVが体内にできて感染を発見するまでに、少し日数がかかるからです。

HIVに感染すると、通常4週間後くらいから血液中でHIVに対する抗体が検出されるようになります。

しかし個人差もあり、4~8週間くらいかかる人もいます。

このことから、確実に「陰性(-):感染していないこと」を確認したい場合は、 もう少し余裕をみて3ヵ月以上経過してからスクリーニング検査を受けることが、国のガイドライン上で示されています。

 

STDチェッカーの公式ページにこのことがしっかり書かれていました。

 

性病検査の正確性を最大限に高めるなら、感染の可能性があった日から3ヵ月以上経過してからスクリーニング検査を受けることを絶対に忘れないでほしいです。

 

 

病院やクリニックと同じ検査法の性病検査キットはこちらのページです↓